かるる団とはどんなグループ?

かるる団のロゴマーク かるる団とは、団長「かるる」こと樋口和美のもと、大阪、兵庫、奈良、京都、のフリーマーケットでの販売を主に行うグループです。 一人では、出展料の回収が難しいという方でも同志を集め出展することにより、安価で出展可能になります。 「手作りでよい品物」,「美味しい食べ物・飲み物」を安く楽しく販売。

また、かるる団には、手作り品の他に産地からの直接仕入れによる「お米」や「野菜」などの農産物販売も行っております。
農産物の販売や加工食品の販売をフリーマーケットや現地直接発送販売(このサイトに申し込み用紙有)いたしております。
詳しくは「農産物情報」のページをご覧ください。

コンセプト無用って?:この様に、「手作り品」,「食品,飲料」,「お米・野菜」と多目的販売品目であるところが、「コンセプト無用」にあります。

神出鬼没って?:出展するフリーマーケットを固定しておりません。それぞれのフリーマーケットに出展ルールが有りますので、販売する品目に応じてフリーマーケットを移動するので「神出鬼没」 としています。

謎の販売集団って?:特に意味は有りません。いろんなコンセプトと複数のアーティストとの連携を持つグループ出展は少ないとおもいますので「謎の販売集団」としています。

共同出店が不可なフリーマーケットや委託販売不可のフリーマーケットなどそれぞれフリーマーケットのルールに従って販売を行います。

かるる団 本部
住所:〒555-0012 大阪府大阪市西淀川区御幣島3-14-18-902
TEL&FAX 06-63473-8671 平団員:樋口 勝也(個人宅)

フリーマーケットでの作品・食品の販売

写真 かるる団の団長は、粘土細工でお花や小物を作ります。 花の粘土細工においては生け花のセンスも生かした作品が多く人気の商品となっています。
手作り品が売れる(認めてもらえる)なんて嬉しいです。
フリーマーケットの良さは、お客さとの出会いもさることながら、出展者様との出会いも楽しみの一つ。
いろいろなアイデアやデザインはとても参考になります。



奈良農産物の直接販売

写真 奈良県宇陀市で「安心して食べられる」こだわった製法でつくった(詳しくは「農産物情報」をご覧ください) 農作物やこの農産物を主材料とした加工食品をかるる団に供給。
かるる団で手作り市やフリーマーケットでの販売(販売許可が得られる場所にて)や産地からの通信販売を行っています。
季節の農作物の味を産地から宅配便などで直接お届けしたいです。

icon 農産物の購入はこちらへ


アーティストコラボレーション

素晴らしいセンスで素晴らしい商品を生み出すアーティストとのコラボレーションにより 商品バリエーションを上げるほか、共同出店によりコストダウンと長期出展を可能とします。

手編みの籠にカラーリボンを織り込んで可愛いデザインにしました。フリマの商品を飾るのもいいな〜
牛乳パックの廃品利用した小物入れで、和紙を使った温かみのあるデザイン他小物製作


inserted by FC2 system